サービスや商品の価値を正しく「つたえる」 UIデザイン

このようなことでお悩みではないですか?

  • 企画と開発とデザインがバラバラに進んでいる
  • 自社サービスのサイトやアプリが使いづらい
  • サービスにかける想いをユーザーに伝えられていない

ギルドワークスのUI設計とは?

分析、戦略とユーザーインターフェースをつなぐ
  • プロダクトやサービスのコンセプトを表現する
  • プロダクトやサービスの価値をつたえる
  • 発展していくインターフェースを設計する
  • 市谷

  • 上野

  • 佐々木

サービスやアプリの「見た目」が大切だということはよく言われることですが、ではその「見た目」を、どのようにつくるべきでしょうか。また、提供者や作り手の思い込みではなく、ユーザーが使いやすいと思い、さらに、使い続けたいと思ってもらうためには、どんな「見た目」が必要でしょうか。

この「見た目」には、色づかいやあしらい、好き嫌いという印象を与えるビジュアル表現と、使いやすい・使いづらい、情報がわかる・わかりにくいというユーザーインターフェース(UI)の設計が含まれています。

さらに、私たちがふだん使っているサービスは、静的なものではなく、システムと連動した動的なアプリケーションが大半です。「見た目」が好ましいものであっても、アイデアを実現したアプリケーションをユーザーが受け止め、使ってくれるものでなくてはなりません。

開発を得意とするギルドワークスならではの、プロダクトをより使われるものにし、より価値あるものとするユーザーインターフェースデザインを提案します。

正しく「つたえる」UIデザイン

どんなに素晴らしいウェブサービスやアプリでも、UIデザインがその価値をユーザーに正しく「つたえる」ものでなければ使われつづけるものにはなりません。
UIデザインは、アプリケーションにおいては利用者であるユーザーとのタッチポイントのみならず、サービス提供者とユーザーとのコミュニケーションの場そのものでもあります。

コミュニケーションの場においては、情報が適切なタイミングで適切な状態でユーザーにつたわること、サービスのコンセプトや価値がユーザーに理解されることが重要になってきます。
このコミュニケーションを繰り返すことで、アプリケーションはユーザーとの長期的な関係を築くことができるのです。

ギルドワークスでは、このタッチポイントとしてのユーザーインターフェースに注目し、人間中心設計(HCD)のプロセスにのっとり、情報設計サービスデザインの手法をまじえてUIデザインを行います。

また、内製のデザインチームでこれらを実践しようとしても、知識のみにとどまっていたり、知見や実践がまだ足りないなどの課題も散見されます。
そんな時には、メンターとしてどのようにユーザーインターフェースを設計し、コミュニケーションのひとつとしてデザインをとらえていくべきか、実践を通してお伝えすることも可能です。

ビジュアルデザインも含むブランディング

ギルドワークスでは、情報を正しくつたえるユーザーインターフェースの設計だけではなく、ビジュアルデザインにも注力しています。
ビジュアルデザインは「好き・嫌い」に左右されるものと思われがちですが、そのサービスまたは事業者がどのようなコンセプトをもっているのか視覚的に、直截的に伝えるものです。
全体のプロダクト戦略、あるいは事業戦略とも関わるため、ブランディングとして位置づけて、このコンセプトメイキングも行っています

「動くもの」としてのデザインを

UIデザインはエディトリアルデザインとは異なり、アプリケーションと連携して動くことに最大の意味があります。
ギルドワークスでは、UIデザインとアプリケーション開発を同じプロジェクトチームで行います。デザイナーもアプリケーションを、エンジニアもUIデザインを自分たちの専門領域としてとらえてひとつのサービス、ひとつのプロダクトを生み出すために協業しています。

プロダクトの成長にあわせて成長するUIデザイン

プロダクトは常に変化します。事業環境が変わったり、企画が大きく方向転換したり、ユーザーへ提供する価値は変わらないにしても、そのアプローチ方法はひとつではありません。
UIデザインはユーザーとのコミュニケーションのひとつです。こうした変化に順応しながら、望ましいコミュニケーションを実現していきます。

よくあるデザインの流れ
ギルドワークスの提案するデザインの流れ

ユーザーを知るために、アクセス解析やアンケートなどはもちろんですが、ギルドワークスではユーザーインタビューを重視しています。
実際のユーザーや、想定ユーザーと近しいセグメントの方々の利用シーンを観察し、インタビューによって深掘り、検証と評価し新たなインターフェースを提案するというプロセスによって、よりふさわしいUIデザインをつくりつづけています。

お役に立てました

ご要望、ご状況をお伺いした上で、適切な解決方法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

  • 今あるサービスやアプリのUIが使いづらい
  • Webサイトやランディングページでサービスのよさをユーザーにきちんと伝えられない
  • デザインチームがより良いUIの提案をできるように支援をしてほしい

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ Contact